美容外科・美容整形 あやべビューティークリニック福岡 > キャンペーン情報・お知らせ > 【Dr.あやべのホンネ】シミ取りのレーザー治療について|ピコレーザーエンライトン

あやべビューティークリニック福岡からのキャンペーン情報・お知らせ

【Dr.あやべのホンネ】シミ取りのレーザー治療について|ピコレーザーエンライトン

前回のお話の中で出てきたPIH(炎症性色素沈着)とはどういうものなのか? PIH(炎症性色素沈着)は、レーザーを打つ事によりシミが濃くなってしまう事もあるようです。シミとレーザー治療についてあやべ院長にどんどん伺ってきました。

PIH(炎症性色素沈着)について

聞き手
レーザーを打つことでシミが濃くなってしまう場合もある、という事ですが、それは何故ですか?
あやべ
レーザーを照射したあと、炎症が起きて色素沈着を起こしてシミが濃くなってしまうことがあるんです。 PIH(炎症後色素沈着)って我々は言うんですけど、レーザーを打って一旦良くなったんだけど、しばらくすると前より濃くなっていくことがあるんですね。

簡単に言うと炎症したところがシミのように茶色くなることです。原因はにきび、虫刺され、軽い火傷や、化粧品などのかぶれ、摩擦など様々ですが、そんな炎症を起こしたところに紫外線が当たると、よりシミになりやすいということ。レーザーによる治療での炎症もこれに当てはまります。 レーザーでは一度なくなったように見えたものがまた現れるので戻りじみという言い方をする事もあるんですが、強い出力によるものや、その後のケアで紫外対策をしないなどの場合も起こりやすい。この場合、何もしなくても数か月~半年でなくなる場合が多いです。稀にそのまま何年も色がなくならない事があったりはします。

あやべ
結局はそれからまた落ちていくんですけど、PIHっていうのが問題で、具体的に言うと0.4ジュールっていう値で打ったほうがいいと言う先生と、0.5ジュールで打つのがいいと言う先生。うちは間をとって0.45ジュールなんですよ。

レーザーによるPIH(炎症性色素沈着)

あやべ
何でかっていうと、シミを取りに来たのにまたシミになっちゃったらこれはクレームになっちゃうわけですよ。そうならないようにしているのが「0.4ジュール」なんですね。
「0.4ジュール」の方はテープを張るんですけど、取った時に効いてるんだか効いてないんだかわかんないよ、という感じ。ただ、前より薄くはなってるんですね。その変わり、PIH(炎症性色素沈着)っていう、前より悪くなるっていう事がないんです。
「0.5ジュール」はPIH(炎症性色素沈着)が起きるんですけど、取れたっていう印象がすごくあるんですよ。1週間たってテープを剥ぐと、かさぶたがテープと一緒にとれるんで、取れたところはピンク色の皮膚になってる。 気持ち的には「パチパチパチーよく取れましたー!」って感じになるんですけど、一瞬いいんですけど、人によってはここから、このままよくなるかと思いきや、前と変わらなくなったり、前より悪くなっちゃうことがあるんです。そしてしばらくその状態が続くんです。
0.4ジュール
薄くなるがはっきりなくなったという感覚がない。PIH(炎症性色素沈着)になりにくい。
0.45ジュール
はっきりなくなったという感覚もあり、PIH(炎症性色素沈着)にもなりにくい。
0.5ジュール
シミが取れたという感覚はあるがその後PIH(炎症性色素沈着)になり元より濃くなる事がある。
※ジュールとは、エネルギー、仕事、熱量、電力量の単位のこと。  レーザーによるエネルギーをジュールで表します。
あやべ
なので、当院ではその相中をとって「0.45ジュール」でやってます。 ちなみに、じゃあこっちが「0.05ジュール」上げたり、こっちが「0.05ジュール」下げたりすればいいじゃないって思っても、機械が違うからできないんです。 うちの機械が新しいから出来るんです。
聞き手
それは先生のクリニックで使ってらっしゃるピコレーザーの話ですか?
あやべ
そうです。ピコレーザーの「エンライトン」の「3」だけそれが可能なんです。 ただ機械もメーカーが違ったりで微妙に違うんです。同じパワーでも、機械が違ったら全然違うんです。本当にわずかな違いだけど、それだけ繊細なのです。
聞き手
実際に「0.45ジュール」だといい?
あやべ
正直うちにはあんまりクレームにはなってこないんですよ。 照射したあと色がついたとしても、ハイドロキノンとかで綺麗にできる。

ピコレーザーエンライトンの特徴

今まではQスイッチレーザーが主流でしたが現在、最新のピコレーザーエンライトンがアメリカなどではすでに主流になりつつあります。 色に反応するレーザーで、シミ治療以外にも、刺青除去など様々な場面で使われている機械です。

ピコレーザーエンライトンで出来る事
  • ・シミ(老人性色素斑)の治療
  • ・シミ(炎症性色素沈着)の治療
  • ・そばかす(雀卵斑)の治療
  • ・ホクロ(色素性母斑)の治療
  • ・痣(太田母斑)の治療
  • ・痣(蒙古斑)の治療
  • ・痣(扁平母斑)の治療
  • ・入れ墨(カラータトゥー)の除去
  • ・アートメイクの除去

「ピコレーザーエンライトン」と「Qスイッチレーザー」との違い

聞き手
ピコレーザーエンライトンが新しい機械だという事はわかりますが、今まで先生が使っておられたレーザーとどういった違いがあるんですか?
あやべ
従来使用されていたQスイッチレーザーはナノ秒(10億分の1秒)だったのに対し、ピコレーザーエンライトンはピコ秒(1兆分の1秒)単位でレーザーを照射するため、メラニン色素を微粒子まで分解出来るようになりました。 メラニン色素の粒子を小さな粒子に破壊してから、さらに小さくなった粒子を破壊することで綺麗にシミを除去することが出来るんです。
Qスイッチレーザー
特徴 ナノ秒(10億分の1秒)での照射。シミ治療において色素沈着(PIH)が起こりやすく、副作用とみなされていた。
痛み 強い。
治療回数 数回~数十回かかる。
ピコレーザーエンライトン
特徴 1ピコ=1兆分の1秒単位で照射2種のパルス派を使用でき、シミがまばらに残る事がない。
痛み ピコ照射により痛みを感じる時間が短い。(個人差はあり)
治療回数 従来レーザーの半分の回数で取れる。
あやべ
さらにピコレーザーエンライトンは周波が長い=皮膚の奥まで照射できるので、従来のレーザーでは残ってしまっていた深い層にある刺青の除去にも優れています。
聞き手
今までのレーザーより色が落としやすい=強い、痛いというわけではないんですね!
あやべ
火が付いたお線香を肌に当てたら熱いですよね。でも一瞬当てただけだと熱さを感じる暇がない。皮膚に当たっている時間が長ければそれだけ熱さを感じやすい。だからレーザーも、パルス時間、照射の時間が短いほど痛くないんです。
聞き手
シミ治療にしても、刺青除去にしても、従来より痛くなくて取れやすいというのはそういうことなんですね。
あやべ
シミ治療なら老人性色素斑、そばかすの治療に使います。
様々な「シミの種類」とその治療法はこちらから。

レーザートーニングによる肝斑(かんぱん)治療というもの

聞き手
肝斑(かんぱん)の治療にはレーザーは使わないんですか?
あやべ
クリニックによってはレーザートーニングというものをする所もあります。 レーザーっていうのは、肌があったとしたら決まった距離あけないといけないんですよ。簡単に言うと、高角があって、上にあげるとデフォーカスになる。ちょっと遠めに離して、デフォーカスな状態にしてあげると、焦点がずれて当たる範囲が広くなる。そうして当てると、細胞が元気になるっていう事で、レーザートーニングっていう方法があります。

聞き手
細胞が元気になる?
あやべ
そうです。活性化する。で、活性化させて、治療していくということですね。 ただこれはまっぷたつに意見が別れていますね。レーザートーニングしている先生は必ず内服や塗り薬のお薬と一緒に使うんです。 だからそのレーザートーニングが効いているのか、処方したお薬が効いているのか、証明ができない。本当にレーザートーニングが効くんだったら薬はいらないだろう、という事になりますけど、お薬なしでやる人は誰もいないんです。 逆にレーザートーニングに反対意見の方はそんな事するやつは撲滅してやるっていうくらい嫌ってる。
聞き手
でもレーザートーニングをするお医者さんがいるのはなぜでしょう。
あやべ
肝斑をとりたいから。 どうせ薬をだすんだから、面倒臭いからうちはやらないんです。薬だけでいい。薬だけでいい人にレーザー打つとなると時間を取られますから。
聞き手
あやべ先生がやるとしたら、本当にいいものだと思ったときなんでしょうね!

レーザーで出来る事や、やり方って色々あるんですね! 同じ「ピコレーザー」でもメーカーや新しい機種で違いがあったり。 クリニックを選ぶときに何の機械を使用しているかという所も注目したいです! それでも、やはり先生の腕や、考え方との相性もあるでしょうから、しっかりカウンセリングしていただいてから決めたいですね!

ピコレーザー

内容通常価格
1mm×1mm1,500円
Doctor紹介
あやべビューティークリニック福岡
綾部 誠 院長

あやべビューティークリニック福岡 綾部 誠 院長

どんなに小さな手術でも必ずリスクが存在する。
こう考えていつも手術に望んでいます。ひとつひとつ丁寧に、確実に。
その時点でできる最高の技術を全力で投入する。
これこそが患者様を幸せにできる最良の方法だと考えています。

まずは、お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング受付オンライン予約

ご来院が難しいようでしたら、まずはお電話でお問い合わせください。
お電話でも詳しくお話しさせて頂いております。
私たちスタッフ一同、出来うる限りお力になりたいと思っております。

トップページへ